物が見えにくくなる眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂はまぶたを上げるのに必要な筋肉、または神経に異常が起こることで発生する病気です。
命に関わるものではありませんが、上まぶたが持ち上がらずに自重に負けて下がってくるため、十分に目が開かずに視界を制限されたり、目つきが悪くなる、ぼんやりとした目になって眠たそうに見えるなどのデメリットがあります。
ほとんどの人は加齢によってまぶたの筋肉が衰えて発生する後天性のものが多いですが、様々な原因によって発生することから先天性のものもあるようです。
当然ながら、人にとって大切な「見る」という行為に対して影響が出る症状のため、見た目だけでなく生活に支障をきたすことにもなります。
上から覆い被さるようにたれてくるまぶたを避け、視界を確保しようと顎を上げて見ることになるため、姿勢が不自然になってしまうことから肩こりを起こすこともあるようです。
まぶたが十分に開かないためかストレスを感じたり、無理に開こうとして食いしばることで頭痛の原因にもなります。
眼瞼下垂は放置しても自然治癒することはないので、まぶたが重い、寝不足のような顔を指摘されるなどがあれば、診察を受けて適切な治療を受けるようにしましょう。